おぞうにっき

雑記をつれづれ書いていきたいです。絵も描ければいいな

出産祝いラッシュ!!

自分の出産内祝いが終わったと思ったら、周囲が出産ラッシュです。おめでたい〜。

 

そして持ち上がるお祝いどうする問題!!

f:id:ozonimochi:20180813185954j:image

出産祝いの定番といえばスタイ・おくるみ・ブランケット・ふわふわタオル・靴下・音のなるおもちゃ(鈴系か動物のプヒプヒ)で、私も以前まで無難に←のいずれかを贈っていたのですが…実際貰う側になると、そればっかりが増えていく!特にマーレマーレのスタイ!(可愛くて大好きなの見抜かれてる)勿論凄く有難いんですが。


それにうっすら気づいてからは、自分から贈るのは消えもの茅乃舎だしとか無添加ドライフルーツとかデカフェ珈琲とか)にシフトしています。自身で言うと本当は子供服が一番嬉しいんですが、サイズの面でも趣味の面でも値段の面でも選ぶのは難しい。特に値段はピンキリですしね。私はどんなのでも嬉しいけども(服は消耗品思考)

 

 

ところで誕生日・結婚祝い・出産祝いは大体自分が頂いたものと同額位を贈るものと思ってたんですが、これって女性特有の思考なんですかね?

 

先日夫の親友S君が結婚されたのですが、そのお祝いに夫は本気の善意でバターナイフを贈ろうとしていました。(※自分が欲しいものを贈ろうとした)(※我々の結婚の際、S君からお洒落なレストランの食事券を頂いている)

 

友達付き合いの事なので口出すまいと思ってたのですが、10年来の親友の結婚祝いとしてそれはあまりにもぞんざい(に見えてしまう)のでは…釣り合いとは…とそれとなーく伝えたところ、結局女の子とお酒を飲むお店(!!)を奢ってあげたそう。

 

めちゃくちゃ喜んでたらしいけど、それも結婚祝いとしてはどうなんだろう…??

(ちなみにバターナイフが候補だった、とS君に伝えたところ、爆笑で面白がっていたそう。それでも良かったのか…)

 

薄く疑問は残るものの、予算いくらくらいで〜とかお返しは〜とか考えない付き合いはさっぱりしていて羨ましいかもなぁ。。と思うのでした。

AUDREY(オードリー)のおやつ

f:id:ozonimochi:20180810154958j:image

先日池袋に行く用事があり、せっかくなので西武をぶらぶら…すると、オードリーの行列が!(日本橋タカシマヤの店舗は売り切れの時しか見たことない)

 

有名なのは「グレイシア」というブーケのような形の焼き菓子(ラングドシャに軽いクリームとフリーズドライの苺)だと思うのですが↓

f:id:ozonimochi:20180810163920j:image

何てったって可愛いから女性へのばら撒きおやつに最適!私自身も何度か頂いたことがあります。パッケージも抜群だしな。

 

店員さんに伺ったら焼き菓子は毎日行列、でも生菓子ならすぐに購入できるとのことで買ってみました!(生菓子も夕方には売り切れるそうです。おそるべし…)

f:id:ozonimochi:20180810160712j:image

購入したのは↑3つ、RONCHANTY(ロンシャンティ)2種とRUBY(ルビー)です。

それぞれ¥350+税

 

ロンシャンティは土台のクッキー+生苺+生クリーム+チョココーティングの構成。コーティングはホワイトチョコのも1種類ありました。中の苺の種類がそれぞれ違うとのこと。

 

構成は本郷のオザワ洋菓子店さんの苺シャンテに似てますね↓

f:id:ozonimochi:20180810164033j:image

味は苺シャンテの方がチョコ厚めでこってり、ロンシャンティの方がクリーム軽めであっさりのような気がしましたが…記憶と比べてるので曖昧です…(どっちも好きです)

 

そしてルビー。素晴らしきぷるぷる…

f:id:ozonimochi:20180810161846j:image

土台のクッキー+ミルクゼリー+苺ゼリー+生苺。少し洋酒の香りがして、可愛い見た目なのにどことなく大人っぽい味でした。

 

そしてAUDREY(オードリー)も購入。これは4個セットのみでの販売↓¥920+税

f:id:ozonimochi:20180810162117j:image

土台のクッキー+生苺+チョコガナッシュで、むっちりしたチョコが甘すぎなくて美味しかった!サイズが丁度良かったのか、夫も気に入ってました。

 

どれも女性受けが良い見た目でケーキほど大きくないので、おつかいものとして使い勝手が良いかも。ただ、ロンシャンティは食べるのが難しいので(断面図撮ろうとしたけど汚くなって諦めた)一緒に食べるなら多少ぐちゃっとなっても気まずくない間柄がいいかな…上司の家とかで上手く食べられないと焦るよね。

 

たまの贅沢素晴らしかった!また行く機会があったら買ってみよう。

 

好きなかき氷屋さんその④、HACHIKU

個人的な好みでかき氷屋さんの紹介してみようのコーナーその④、HACHIKUさんです!

f:id:ozonimochi:20180802110809j:image

下記は2018/08現在の情報です。

 

  • 場所:東京都豊島区、池袋駅徒歩3分程(出口が端なので、JRだと10分位?)上智大学近く
  • 値段:大体850〜1300円、1000円前後が多い
  • メニュー:果物屋さんから始まったと説明されている通り、季節の果物蜜中心に常時8種前後。たまに餡子も登場。定番→冬春はいちごみるく、夏→メロン半個使用のスペシャメロン以外は季節毎・日毎頻繁に変わる。バレンタインやホワイトデーのイベントメニューは当日1日限りのため大人気!
  • ビジュアル/味:特にクリームトッピング系は可愛いくて写真映えする基本的に果肉入りなのが嬉しい!甘め・まん丸・フレッシュ・濃いめ。
  • お店の特徴:若い女性店主さん。店内アメリカン風でお洒落。セルフのポットで入れるほうじ茶は激熱注意!お客さんは本気のかき氷好きも多いけど、カフェ好きの若い女の子も多い気がする
  • 混雑:突然行って入れることは稀。開店1時間前(休日は2時間前)の整理券配布でほぼお店に入れるかが決まる。(余剰があれば開店後配布されるが、ここ最近は数組又は無し)戻り時間は時間指定できるのでその日の状況にもよるが、整理券配布の更に1時間前には行列で15-16時台の順番なのもザラ。(夏の今はもっと早まってます)
  • 攻略のヒント:整理券は配布予定時刻よりかなり早めに行かないと配布終了となるので注意。列が長くなり過ぎて配布開始時間前に並び止めになることがある。並び状況はマメにTwitterをチェックするのが重要!時々テイクアウト営業する日もあり、そちらは整理券配布が無いので夕方以降でも食べられたりする。(私は何度か1時間待ちだったけど、雨の日やタイミングによっては待ちなしもある様子)
  • 超個人的な感想:
  1. 見た目がとても可愛いものが多い!とても女子っぽい気持ちになれる。いわゆるインスタ映えで、どれが一番可愛い見た目ですか?と質問している女の子を見たことがある。でも、ほぼ唯一インスタ映えないメニューの酔わないモヒート(透明のミントシロップ+中にグレープフルーツ果肉、見た目真っ白)も私は好き
  2. 季節の果物蜜が美味しい。↑の絵以外にも秋の石焼き芋みるくかぼちゃホイップ焦がしキャラメルなどぽってり甘々で美味しい。
  3. カルピスホイップショコラホイップレアチーズホイップがほわっと美味しい。私は特にカルピスホイップが好き
  4. 店主さんが可愛らしい癒し系。家族経営なのかな?テイクアウト営業の時にご年配の女性がいらしたのは、メニューの梅シロップを作られてるおばあさまなのかしら…なんて(違うかも)
  5. メニューが頻繁に変わるので一期一会的な楽しさ。アボナッツが大好きなんですが、大好きメニューになかなか出会えないのもご愛嬌。

 

整理券獲得が難しく、最近は行けてないのですが大好きなお店です。いつかイベントメニュー食べてみたい…(イベントメニューがある日はいつにも増して整理券獲得が難しい)

 

入るまでが大変だけど、店内は混雑してないのと整理券制なので、そんなに焦らず自分のペースで過ごせる気がします。作りが凝っているから提供がゆっくりめ、2杯食べるとトータルで1時間程かかるので時間に余裕を持って訪れるのが良いかも。

 

すももが食べたいのだけど、この夏は行けるかな〜。

イルカの声

または玉こんにゃく炒め。

f:id:ozonimochi:20180726172738j:image

あんまり間が空いちゃったので、生後2ヶ月頃に描いたomochiのスケッチを。この頃はよくイルカみたいな音で鳴いていたけど、いつのまにか出さなくなったなぁ。懐かしい。

 

すやすやよく寝る子だったのが、今はテッペン越えるのもザラな夜ふかしさんに。頭から茹でたじゃがいもの匂いもしなくなったし、身長も13cm伸びた。脚はむちむちのぷくぷくになり、顔もかなり変わって 皮の剥けかけたガッツ石松さんからつるつるの赤ちゃんになった!

 

これからもどんどん変わってくんだろうなぁ。楽しみなような寂しいような。。既に産まれた時の写真みるとちっちゃくて切なくなります。

 

落ちが弱い回ですが、つなぎとして。

まさに今、旦那が寝かしつけ頑張ってくれています。ありがとう…

子供服って何枚が正解?

というのも、来年はきっとサイズアウトして着られないことを考えると、あんまり多くても勿体ないなぁ…と考えて当初少なめに購入していたのです。が、夏服3枚と薄手の長袖をガンガン洗いまわしていたら当たり前ながら服のいたみが激しい。そもそも子供服って汗かいたり汚れたりで1日1着ですむ日は少ないので、必然毛玉やほつれが増えていく…手洗いしたらあんまり痛まないんだろうけど、そんな心の余裕はない!そして汚す頻度によっては結構枚数ギリギリ!

 

というわけで、追加の子供服を2着買いました。子供服ならではな、可愛いロンパース(omochiはまだ腰がすわってないので、全て前開きタイプ)。動き始めたらかぶりタイプが着せ替え楽とか上下セパレートの方が動きやすくて良いとかきくので、買い足しは控えめに。その頃には秋服になってるのかな?どの位大きくなってるんだろう。

 

これで夏服は通算5枚、家の中ではスナップ付きの長肌着1枚で過ごせるから+2着の計7着。しばらくこれでローテーション回してみようと思います。足りるかな〜…

 

しかし久しぶりにネットで子供服漁ったのですが、やっぱり子供服は可愛い〜。始めると止まらない。とりあえずの予定枚数は買ったのに今もふとしたら眺めてしまいます。

f:id:ozonimochi:20180715171156j:image

↑の絵は可愛くてまた追加買っちゃおうかな〜と迷っている、carter'sのレモン柄ロンパースをイメージ。水性ペンでペン入れしたから水で滲んでしまった。

 

余談ですが、赤ちゃんにロンパースを着せてると どうしてもチェチェナちゃんコスプレ(野性爆弾)に見えて笑ってしまいます。私だけ?

 

 

自作かき氷

ついに手を染めてしまった…自作かき氷

とはいえ全く本格的ではないんですが。

 

先日ふと思い立ちドウシシャさんの手動かき氷機IS-T-1778Bを購入しました。

f:id:ozonimochi:20180708141121j:image

(↑写真はAmazonより引用)

何しろ乳児を連れてかき氷って、なかなか根性がいる。。炎天下で行列もキツイしお店で泣いちゃったら他のお客さんに悪いし。なのでお店かき氷はチャンスがある時まで我慢。でもかき氷は食べたいから、ストレス軽減のためには家でかき氷作ってしまおうと!!

 

これは好みの氷の削り方になるよう、刃を自分で調整します。

届いた最初はこんなガリガリザラザラの、いわゆる縁日的かき氷↓

f:id:ozonimochi:20180708141940j:image

そこから地道にドライバーで調整…

f:id:ozonimochi:20180708142102j:image

ちゃんと氷を緩めてかくと、↓のようなふわふわかき氷に!アボカドシロップのっけ。
f:id:ozonimochi:20180708142105j:imagef:id:ozonimochi:20180708142904j:image

少し最初が面倒ですがこれは嬉しい!ただ、最初は↑のように備え付けの製氷皿の氷で作ったのですが暫く回すと次第に氷が空回りしてかきづらくなる…。なので、最近は普通のブロック製氷皿の氷で作ってます。氷の長さは短くなるけど、その方が楽だしね。↓はそれでかいた氷です。アボカド+バナナソテーと、苺ミルク。

f:id:ozonimochi:20180708142849j:imagef:id:ozonimochi:20180708142845j:image

ミキサーはないので、Omochiの離乳食用に購入したブレンダーでシロップ作り 笑

 

苺シロップのレシピは、ねいろ屋さんがネットに書いてらした記事を参考にしました。↓

美味しいかき氷は家庭で作れる! 「ねいろ屋」直伝の極上シロップ&家庭用かき氷機で夏を楽しもう - それどこ

もちろんお店の味には程遠いですが、果物が安い時に買って作って冷凍しておいて…(それもOmochiの離乳食冷凍用に買っておいた製氷皿)結構楽しい(^◇^)♪こういうのんびりもいいな。

 

アボカド・バナナ・苺は試して、杏は冷凍中。無花果とキウイはシロップにする前に全部そのまま食べてしまった。次は何にしようかな〜。

好きなかき氷屋さん③浅草浪花家

個人的な好みでかき氷屋さんの紹介してみようのコーナーその③、浅草浪花家さんです!かき氷屋さんではなく、たい焼き屋さんがメインなのかな。

 

また図説も。

f:id:ozonimochi:20180701183335j:image

下記は2018/07現在の情報です。

 

  • 場所:東京都台東区田原町駅徒歩8分
  • 値段:550〜950円、多いのは800円前後
  • メニュー:定番の和なあんこ系以外は季節の果物蜜や豆乳氷の「〇〇ほわいと」など入れ替わりが多い。比較的ロングランのと一瞬で無くなるメニューがある。シンプルな構成ものも、(中にほうじ茶ゼリーと白あん入)の様に複雑な構成のものもありと幅広い。常時15種前後。
  • ビジュアル/味:ほわいと以外はまんまる可愛い見た目。基本は甘め・濃いめだが、れもんライムなど、痺れる酸味の尖ったものやグレープフルーツのようにさっぱりもあり。
  • お店の特徴:落ち着いた雰囲気。たい焼きのいい匂いがするので食べたくなる罠。家族経営なのかな?休日はお家の手伝いされてるぽい若い方がいる。
  • 混雑:偶々なのか、私はどの時間帯でもあまり並んだ事がなく夏の休日で1時間待ったのが1〜2回だけ。観光地なのでそんなに何杯も食べる人がいないから?お客さんの回転が結構早い
  • 攻略のヒント:暑い日の休日は混んでることがあるけど、特に無し。夜19時まで営業していて夜は大抵空いているお土産にたい焼き持って帰りたい時はかき氷の注文と同時にしておくとスムーズ。
  • 超個人的な感想:
  1. お豆が美味しい!私は定番のこしあんが好きだけど味噌餡やお正月の黒豆とら豆などのバリエーションもふっくら美味しい
  2. 基本はちゃんと甘くて万人受けする味なのだけど、尖ったかき氷も良い。上記したれもんライムは痺れるほど酸っぱいので食べられない方も多いかも?(私は大好き)すももあんずいちごみるくみかんなどのフルーツ系もジューシーで美味しい。おいもかぼちゃも滑らか美味しいのだけど、この2つはシンプルでくりだけが洋酒の効いた味なのも面白い
  3. トッピングのレモンカードが好き。絶妙な甘酸っぱさでみるく系の甘いのにもレモンなどの酸っぱいのにも合う
  4. たい焼きが薄皮パリモチで美味しい

 

美味しい・あまり混んでない(私の感覚だと)・値段がお安めと、行きやすくて素敵なお店です。

この記事書いてる途中でライムを食べたのですが、絵に描いてるライム皮無かった…のはたまたま?省略?以前はグレープフルーツも、追い蜜がソルティドックのように塩が飾ってあったのですが去年からはそれも省略になってましたね。どうなのかなー